コーヒーのサブスクならNif Coffee!おすすめポイントを紹介します!

  • URLをコピーしました!

今回はコーヒーサブスクNifCoffeeのおすすめポイントを紹介します。

目次

NifCoffeeとは?

_DSC0289_edited.jpg
引用元:https://www.nifcoffee.com

NifCoffeeとは国際的なコーヒー鑑定資格「Qグレーダー」を保有し、スペシャルティコーヒーの最前線に 10年以上身を置いたコーヒーのスペシャリスト2人で開業したベンチャーのコーヒーショップです。

Qグレードとは?

引用元:https://www.katocoffee.net/c/qualitycoffee

Qグレードとは、国際的なコーヒー鑑定資格で、コーヒー品質協会(CQI)が認定するアメリカスペシャルティーコーヒー協会(SCAA)の基準にのっとった判定方法で品質審査を行い、80点以上を獲得したコーヒー豆に対して与えられる規格です。

Qグレードコーヒーは高品質が保証されたコーヒーという事になります。

高品質スペシャルティコーヒー200g999円

2人の経験とノウハウを活かし、高品質スペシャルティコーヒーを200g999円という価格で販売します。

販売をネットショップと自動販売機に限定

販売をネットショップと自動販売機に限定し効率化を図り、 コーヒーづくりに特化することで市場価格の2/3~1/2の低価格を実現しました。

商品を2種に限定

NifCoffeeの大きな特徴は商品を2種に限定している事です。

商品は

  • ふつう(シティロースト)
  • ふかいり(フレンチロースト)

の2商品。

ふつう(シティロースト)

引用元:https://nifcoffee.co.jp/view/item/000000000002

シティーローストは、深煎りの最初の段階です。

酸味と苦味のバランスが保たれた、最も一般的な焙煎度合いで、日本でも「レギュラーコーヒー」の王道になりつつあります。

エスプレッソとして使う事もできます。

ふかいり(フレンチロースト)

引用元:https://nifcoffee.co.jp/view/item/000000000001

焙煎度合いが深く、酸味はほとんどなくなり、苦味が一層際立ち、香りの質も変化してくる焙煎度合いです。

カフェオレ、ウィンナーコーヒーなどミルクやクリームと掛け合わせるコーヒーに向いており、コーヒーならではの苦味が存在感を発揮します。

焙煎したての新鮮なコーヒー豆をお届け

2種類に絞ることで焙煎したての新鮮な豆をお届け。

微妙な味わいの変化も楽しめる

使用するオリジンは一ヶ月を目処に変更しますので、微妙な味わいの変化もお楽しみいただけます。

高い衛生レベルの焙煎所

焙煎所も衛生レベルを食品工場レベルまで引き上げ、焙煎前と後にコーヒー豆のハンドピックを実施し 安心・安全、品質向上にも全力で取り組んでいます。

NifCoffeeはこんな人におすすめ

NifCoffeeはこんな人におすすめです。

  • ネットでコーヒー豆を探している人
  • 高品質なコーヒーが好き
  • 自宅でコーヒーを淹れて飲みたい人
  • コーヒーのサブスクを探している人

ネットでコーヒー豆を探している人

ネットでコーヒー豆を探している人におすすめです。

NifCoffeeはネットからの注文が可能です。

高品質なコーヒーが好きな人

高品質なコーヒーが好きな人にもおすすめです。

自宅でコーヒーを淹れて飲みたい人

自宅でコーヒーを淹れて飲みたい人にもおすすめです。

NifCoffeeであれば毎月高品質なコーヒー豆が自宅に届きます。

コーヒーのサブスクを探している人

コーヒーのサブスクリプションを探している人にもおすすめです。

シンプルで高品質なコーヒー豆のサブスクリプションならNifCoffeeがおすすめです。

NifCoffeeのおすすめポイント

200g999円と破格のスペシャルティコーヒー

スペシャルティコーヒーで200g999円は破格です。

販売をネットショップと自動販売機のみに限定し、製造に特化した事で破格の値段を実現しています。

NifCoffeeの口コミ

【まとめ】

商品の種類は2種類とシンプルながらも高品質にこだわったNifCoffee。

コーヒーのサブスクリプションを探している人ぜひ一度試してみてください。

おすすめコーヒー一覧はこちら

あわせて読みたい
コーヒーのサブスクのおすすめ8選! 今回はコーヒーのサブスク(サブスクリプション)のおすすめを紹介していきます。 【コーヒー豆・粉のサブスク(サブスクリプション)とは?】 コーヒー豆&粉をサブス...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる